クリスタルボウルってなぁに?

You share this

水晶の粉から作られた楽器です。

スピリチュアル業界の方々には認知度高めのクリスタルボウルですが、まだまだ一般社会には馴染みのうすいクリスタルボウル。水晶の粉(シリカサンド)を固めて作られた円筒形の不思議な楽器で、「サウンドヒーリング」のツールとして知られています。大小様々あり、楽器というからには音階だってちゃんとあります。

crystalbowl1

そして、よく間違われるのですが、クリスタル【ballボール】ではなくて【bowlボウル】なのです。投げるボールじゃなくて、メレンゲを作ったりする時に使うキッチン道具のボウル。

このボウルの淵をマレットという棒で叩いたり、擦ったりして音を出します。清らかで伸びやかな音色が、安らかに心に響きます。

元々は工業製品「石英るつぼ」として製造されていたものが、その美しい音色からヒーリング楽器として進化し、今に至るといわれています。楽器としての歴史はまだ浅く、イタリア人のヒーラーAwahoshi Kavan(アワホシ・カバン)によって、クリスタルボウルによるサウンドセラピーが体系化されました。

一般的に音階がある楽器というとメロディーを奏でると思われるのですが、ヒーリングを主目的としたクリスタルボウルの場合は、音の繰り返し、重なり合うゆるやかな音のハーモニーがすべて。寝転んで聴くため、音を身体全体で浴びるという表現がぴったりです。

また、ひとえにクリスタルボウルといっても、純粋な水晶だけで作られたものから、鉱物を混ぜて作られたアルケミーボウルなど(炭が混じった黒いボウルなども!)、色や形、重さなど様々な種類があります。

ちなみにわたしは、クリスタルバイブ社の純粋な水晶のみで作られたフロストタイプのボウル7個を使っています。

わたしがはじめてクリスタルボウルの音を聞いた時、たった一個のクリスタルボウルの音にも関わらず、音の波にココロとカラダを宇宙のどこかへ持っていかれそう!な体験でした。30分くらいでしたが、その体験が忘れられず、もっと知りたい!とクリスタルボウル7個を購入。クリスタルボウル探求の日々がはじまりました。(To be continued.)


クリスタルボウルについてもっと詳しく知りたい方は、わたしが演奏方法を学ばせてもらっているマガリさんのクリスタルボウル総合情報サイトへ。

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA