【クリスタルボウル サウンド ヒーリング】自分を癒すのは自分自身。

You share this

クリスマスウィーク!年末にむけて、一つずつイベントが終わっていきます。

今日はクリスタルボウル納めで、福祉施設でのイベント演奏でした。

image

施設の利用者さんとその保護者のためのリラクゼーションタイム。クリスタルボウルの音とアロマオイルの香りでココロとカラダをゆるりとほぐすひとときを提案しました。

リピートの方が、はじめての方にクリスタルボウルの説明を一生懸命してくださっていたのが印象的でした。特に宣伝してないので、はじめはみなさん、「???」なのです(笑)

「キラキラのボールをつかったショーがはじまるのかと思っていました!?」という方もいました。ですよね~。説明不足ですみません。来年からは、ちゃんとイベントの前に案内を用意します。…そんな中でも、毎回、途中で寝落ちしてしまう方が数名いて、ゆっくり休んでいただけたかな?と思います。

わたしのクリスタルボウルの演奏はヒーリングを目的にしてはいるけれど、スピリチュアルではありません。クリスタルボウルの演奏をはじめよう!と決めた時に、スピリチュアルなアプローチはしない方向で、というのがわたしの中にありました。スピリチュアルというのは、ある一定の前提がある人たちの交流だと思っています。ビジネス主体のスピリチュアルも多く、引き寄せからボジティブシンキング、美容、整体、カウンセリング…とわたしたちの生活の様々なところにスピリチュアルが入り込んでいます。そしてわたし自身、スピリチュアル側の人だと言われることも少なくはないのですが…。

わたしのクリスタルボウルはスピリチュアルではありません。演奏会の後に、高価なグッズを勧められることも、セミナーに誘われることもありませんので安心してください(笑)

そもそも、わたしがこうでありたい、と願うスピリチュアルはもっと自然に寄り添ったものです。大いなるもの、自然の中にある見えない存在に、誠実に謙虚に向き合って生きることです。山の中で木々を揺らす風を感じ、海の波音に耳を澄ませ、旅に出て、子どもとの日々の関わりの中で謙虚に学び、育んでいくものです。

わたしが提案したいクリスタルボウルのサウンドヒーリングは、日常と一区切りつけた時間・空間の中で、【自分の内面を静かにみつめる】【ココロのさまよいをそのまま感じる】【只々、音の世界を漂う】【思考に集中する】そんなひとときの中で、聴く人がリラックス&リフレッシュし、新たな気づきやひらめきに出会ったり、自分自身で癒しを起こすことです。わたしは誰も癒しません。クリスタルボウル サウンドをナビゲートするだけです。もちろん、聴いてくださる方にとって心地よい時間・空間であるように最大限の努力はしますが、あくまでも自分を癒すのは自分自身で、というスタンスで演奏しています。

例えば、わたしは肩こりに悩まされることがありますが、そんな時、整体で楽にしてもらっても、元の生活に戻ればまた肩こりは起こります。施術してもらった後はすごく楽になっていますが、根本的な問題(体の使い方や生活習慣)を改善しなければ、いつまでたっても整体のお世話になるばかりです。そこで自分の体にきちんと向き合って、定期的に自分の体を自分でメンテナンスすることができれば、肩こりが良くなるどころかより健康的な毎日が送れるのではないかと思います。(わたしが最近、これは!と感じているのは、自力整体です)

クリスタルボウルのサウンド ヒーリングも、これと同じで、せわしない日常からほんの少し離れ、音の世界に身をゆだねることで、自分自身に向き合う時間を作り、ココロのメンテナンスをしませんか?ということです。瞑想にも似たひとときを過ごした後は、新たな気持ちでそれぞれの日常に戻っていってもらえたら、と思っています。体験はあくまで、個人的なものです。そこにジャッジは必要ないのです。

壮大なエネルギーやクリスタルボウルにまつわる古代ロマンは話せませんが、どのような状態でも個人を尊重した対応ができるように、精進します。

各種施設での演奏、個人宅、ヨガやマッサージとのコラボなど、承り中です。

季節の飲み物を用意して、お待ちしております。

image

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA