好きでやること、お役目でやること。その責任。

image

毎日お疲れ様です!

一日の疲れを、一週間の疲れを夜な夜な、好みのクリスタルボウルの音を(YouTube、mixcloud)で聴いて癒されています。あっという間に寝落ちです。一度、クリスタルボウルの生演奏を聴きながら、そのまま寝たいものです。音源でこれだけスコーンと眠れるのだから、生演奏だったら、(表現悪いですが)もうこのまま死んでもいいと思うかもしれないです。

クリスタルボウルの音は、なぜに、あんなにうっとりと、まろやかで、かろやかで、脳に心に体にしみわたるんでしょうか。わたしの体感する心地よさを自分のクリスタルボウルの音で表せるよう、まだまだ修行です。クリスタルボウルの音が生み出す可能性をどんどん広げていきたいなと思います。

今日は、好きでやること、お役目でやること、その責任について考えた一日でした。

わたしはクリスタルボウルを世代性別関係なく、もっと気軽に体験してほしいと思って、スピリチュアルに偏りがちなクリスタルボウルの説明を誰にでも共感できるような、わかりやすい言葉で伝える努力をしています。実際の演奏会でもスピリチュアル的ワークはしていません。それでも、クリスタルボウルの音というのは、聴く人の精神に入り込んで影響を与えます。聴き手がどういう世界にフォーカスしているのか、また、何を望んでいるのか、どんな気づきを得たのか、わたしは個別の演奏をしているわけではないので、聴き手の深い所まで寄り添う演奏は今のところできてはいません。そして、わたしはヒーラーでもセラピストでもなく、一クリスタルボウルの演奏者という立場でいたかったので、その先の聴き手のデリケートな部分には一線をひいていました。

だけど、クリスタルボウルの音で聴き手のココロの扉をノックするだけしておいて、相手が扉を開けようとしたところで、ハイ今日はここまで~~~!後はご自由に~♪っていうのは、さすがにそれはちょっとあんまりかもしれないな、という考えにいたりました。

今後は、最大公約数ばかりではなく、デリケートな部分を含む個別対応を検討していくことにしました。わたしにできることを、やっていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA