出づる月を待つべし。散る花を追うことなかれ。

image

北海道は余市の藤沢農園と木村農園のケルナー種を野生酵母で発酵させて、フレッシュな酸や果実味を残した甘口のワイン【月を待つ】。多分、わたしの誕生日祝いなんでしょう!

長い付き合いの和食料理人が送ってくれました。ありがとう!

出づる月を待つべし。散る花を追うことなかれ。

友人本人からのメッセージはなにもないけれど、ワイン瓶の裏にこの言葉。

江戸時代の儒者・中根東里が残した言葉らしい。

出づる月は未来を 散る花は過去を…。

気障ったらしいけど、友人なりの愛と気づかいを感じます!

さて、今夜は下弦の月。さっき窓からのぞいてみたけど、曇っていて、月も星も見えなかった。まぁいい。平日の夜だけど、飲もう。出づる月に想いを馳せながら♪

Here Comes The Moon!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA