音(周波数)で心身を整えることについて。

You share this

日常生活において、見る、聴く、匂う、触れる、味わう、という五感によってわたしたちは、さまざまな情報を得ているわけですが、情報収集において、圧倒的に多くを占めているのが、視覚と聴覚です。

目からの情報はダイレクトにきます。その分、“見る”ことについては、人って意外と自分でコントロールしてますよね。人生経験の中で、苦手なものは見ないように…。モノでもヒトでも。危険を感知して目を閉じたり、開いたり。

でも、“聞く”っていうのは、意識してもしなくても、何かしら耳に届いています。耳栓したって、完全に無音の世界は、日常生活では作り出せないし。

人の声、楽器の音、車の音、電車の音、TVの音、調理の音、靴音、波音…とさまざまな音の中でわたしたちは暮らしているわけで。それらが、わたしたちの心身に多大なる影響を与えているだろうっていうのは、誰もが体感しているのではないかと思います。

わたしは、普段、精神・知的・発達に障害がある人たちとの関わりが多く、パニックになって大声を出したり、イライラして喧嘩を起こしたり、(時によってはわたし自身が罵倒されることも)、そういう場面によく居合わせます。そういうのって、伝染するんですよね。共鳴するんです。当然のことながら、わたしもダメージをくらいます。

音というのは、「ゆれ」です。音源が空気、水、個体などを振動させながら、耳に届き、鼓膜を振動させて伝わります。

そして、音にはそれぞれの周波数があり、人の心身も周波数で変化します。

“不快な騒音が心身を疲弊させる”ことを想像するとわかりやすいのではないでしょうか。

ならば、音で心身を整えることも当然、できるわけですよ。

オススメは、やはり心地よい音の波が全身を包むクリスタルボウル サウンド ハーモニー。

そして、わたしが気軽にどこでも使うのは、音叉(オンサ)です。

音叉は、チューニングフォークとも呼ばれ、要は楽器の音(周波数)を調整するチューナーです。人も楽器と同じで、周波数が狂っていたら、良いパフォーマンスはできないし、人生において、さまざまな不具合を起こしてしまいます。

わたしは特に音に敏感な性質なので、日中に受けた音(周波数)からのダメージを音叉やクリスタルボウルで整えることにしています。

音叉もクリスタルボウルも、小さ目のサイズのものを普段から持っていますので、興味のある方は、気軽に体験していただけます。


“自分で自分のココロとカラダを整える”を体験したい方は

ココロとカラダの自力を育む【自力整体+クリスタルボウル】へどうぞ☆彡

※使い分けSNSふたつ。フォローはお気軽に。申請時はメッセージも添えてください。

Facebook[フォローはお気軽に。友達申請は一言添えて申請下さい。]
https://www.facebook.com/mieko.mitou

・Twitter[ひとりごと系。時に辛口]
https://twitter.com/aruwriter

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA