夢に向かう時、仲間は必要か?

You share this

はい、絶対に必要だと今、思っています。

新しく何かをスタートさせるのは好奇心と勢いで出来たりするけれど、一度あきらめたものに再度取り組むのって、意外と難しかったりしませんか?

わたしにとってのそれは、フラメンコ。

20代半ばで広島に越してきて、引き続き広島でもフラメンコを習おうといろいろな教室を巡りました。そんな中で、この人の踊り好き♡この人に習いたい♪という先生に出会って、ますますフラメンコに夢中になっていきました。

そんなフラメンコ熱中時代は、プライベートも波乱万丈でいろいろな事があり、結局、踊りから離れることになったのですが。

引っ越し、断捨離、大掃除などで、幾度となく断捨離アイテムとして上がってきた、わたしのフラメンコシューズにファルダ(練習用スカート)、パリージョ(カスタネット)。捨てられないまま、10年が経ちました。

この10年、もう一度…と何度も思っては、二の足を踏んで、踏み出せなかったリスタート。

きっと、フラメンコの神さまに忘れ去られているだろう、というセンチメンタルと、また踊りから離れることになるんじゃないかという恐れと、足がもう動かないだろうという言い訳と。

捨てきれないフラメンコシューズを眺めては、たまに家でフラメンコを流して、キッチンで踊りながら、「ママね、フラメンコが大好きだったの」と息子に踊ってみせていました。いつかまた、おばあちゃんになってからでもきっと…と、やりたい気持ちを先送りしていたのです。

だけど今日、10年ぶりに当時の先生の元でフラメンコのレッスンを受けてきました!

image

まだいける!と、一歩踏み出す、勇気をくれたのは、わたしが今年入ったかさこ塾・塾長かさこさんと全国の塾生のみなさんです。

世界は広く、人生いろいろ。

わたしは、クリスタルボウルの活動をどうにかするためにかさこ塾に入りました。仲間意識とか、そういうのはどちらかと苦手タイプで、協調性もありません。

そんなわたしが、クリスタルボウルの活動だけでなく、一度あきらめたものの、心残りだったフラメンコに再度チャレンジしようとまで思って実際に行動に移せたのは、塾生のみなさんとのリアルな交流と日々発信しているブログに勇気をもらったから。

仕事、年齢、男女、環境、様々なジャンルが入り混じる、かさこ塾。

ピンポイントでわたしを応援しているのではないとしても、みなさんの発信が力を与えてくれたり、するのです。わたしの発信も誰かの後押しをすることできれば嬉しいなと思います。

「自立した個人の一匹狼の集団つくる」これが、かさこ塾の理念。

わたしのように、一度あきらめた事に再チャレンジしたい人にもぜひ知ってもらいたいかさこ塾。広島開催は10月4日から全4回。9月14日までに10名の申込があれば開催が決まります。

詳細は↓かさこ塾 広島2期塾生募集(9/14までに10名集まれば開催・現8名)

http://kasakoblog.exblog.jp/24511227/

mitou145

かさこ塾フェスタ大分中津の一コマ。全国から好きを仕事にした人たちが集まりました。

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA