大人の火遊び道具【小枝ストーブ】を作った!

You share this

アウトドアに憧れて、片足を突っ込んで数年目、この秋、念願の【小枝ストーブ】を作る機会に恵まれました!!!!

数年前にロケットストーブが普及しだした頃、何度かワークショップ参加のチャンスがあったのだけど、材料がうまく揃わなかったり、実際に作る工程を見て、わたしには無理!って思ったり、出来上がりの大きさに、持ち運べない!と諦めたり。

もうすっかり諦めモードで、オシャレな持ち運び用のカセットコンロを購入し、安心安全なアウトドアライフだったのですが、やっぱりこれじゃあ、物足りない!火遊びしたい!

という頃、出てきたのが、小枝ストーブ。小型で軽量、燃料も小枝に紙、葉っぱ、とお手軽に揃うというのでとても気になっていました。

ウッドガスストーブ(Woodgas Stoves)、TLUD(Top-lit up draft)ストーブともいいます。

小枝ストーブを作るワークショップがちらほらと開かれるようになったものの、なかなかタイミングが合わなかったのですが、この度、応援している【フリースクール木のねっこ】のフェスでWSの一つとして、福岡は【自然体験実践家 土居 自然学校】土居 元さんによる、小枝ストーブ作りが行われ、喜び勇んで出かけていきました。

mitou152

自然学校の土居元さん

【小枝ストーブ嬉しいポイント】

・軽量で持ち運びが楽

・着火が早く、燃焼時間も長い

・小枝のほか、葉っぱや穀物の殻など細かい材料使うため、巻きの大量消費を減らせる(=お金がかからない)

・煙があまりでない

ドリルで穴をあけたり、金属用ハサミで缶を丸く切ったり、息子と分担して作業しました。もちろん不器用なわたしたちなので、難しいところや力がいる箇所はしっかり土居さんがサポートしてくれました。

出来上がったはじめての小枝ストーブは、本当に軽くて、母と子が楽に使えるサイズ感!

mitou153

出来立てホヤホヤのマイ小枝ストーブ

冬のプチ・アウトドアは盛り上がることでしょう!

image

ワッフルを焼いてもらいました!

Youtubeにもたくさん、作り方がUPされています。わたしのように道具がない、不器用な人はワークショップなどでみんなと作るのがオススメです♪

また、実際に使用してから、感想などをUPしたいと思います。

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA