祭りを楽しむために必要なことって?

You share this

それは、依存、受け身から脱して、主体的に関わっていくこと。

昔から、祭りと名のつくものは、苦手だったな!と、わたしは最近、思い出しました。

そのクセ、結構、出てたじゃん!というのも、最近、思い出しました。

そして毎回、もー懲り懲り!なんて、言ってたな、というのも(苦笑

ところが、かさこ塾フェスタ大分中津(2016年9月)でのクリスタルボウル×ヨガのワークショップ出店では、負の想いなんて、一つも出てこなかったのですよ。

自分でも不思議だなーと思ったのですが、それはよくよく考えたら、すぐにわかることで。

それは、自分が主体的に参加したから、の一言なのでした。

今まで…、

参加するようお声がかかったから、

その役割を与えられたから、

あの人が出るのなら、

と他人軸で祭り(イベント)への関わりを決めてしまっていたことで、どこか他人事のように線引きをして、恥をかくことや失敗から身を守ろうとしていたのじゃないのか???

責任を持つのが嫌なので他人事にしておく、自信もないので積極性にも欠ける、そして、わたしに関わってくれている人たちを信頼する器もなかったってことですね。とても残念で、失礼な事だったなと思うのです。

そんな自分に気付けたのも、かさこ塾フェスタに参加したからこそ。

実行委員やボランティアスタッフ、出展者、お客さんまでもが、依存、受け身から脱して、主体的に関わっている、それがわたしの感じたかさこ塾フェスタでした。

健康・精神・経済含めて、依存マインドから抜け出すとき、本当の人生のお祭りが始まるのかもしれないです♪

・Facebook[フォローはお気軽に。]
・12/3自力整体+クリスタルボウル Night in HIROSHIMA vol4

・クリスタルボウルってどんな音色?

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA