TFH(タッチフォーヘルス)キネシオロジー レベル①前半編

クリスタルボウルを扱うようになって、ヨガ、自力整体、マッサージ、瞑想など、こころとからだへのアプローチに取り組んでいる方々との出会いが増えました。

どれもクリスタルボウルとの相性が良いので、わたしももっと深く知りたいなぁと思ったりするのですが、ちょっと体験するのとがっつり取り組むのはまた別の話で、時間だけが過ぎていきました。

そんな時、これは?と思ったのが、TFH(タッチフォーヘルス)という、西洋医学と東洋医学、心理学、栄養学等を融合させ、筋肉の反射テストによって心身のバランスを整えていくキネシオロジーです。

TFH(タッチフォーヘルス)は、気づきのワーク(人生を豊かにするためのツール)とも言われていて、それが、わたしが行うクリスタルボウルのサウンド ヒーリングのテーマと近いのではないかしら?と勝手に親近感をいだいていました。

実際に話を聞くと、タッチフォーヘルスを行う人は、セラピスト、ヒーラー、治療家という枠には入らないようで。関わる人同士の共同作業で成り立つ、対等なつながりの中で行うものだそうです。

クリスタルボウルもそうです。わたしはただクリスタルボウルというツールを使うだけで、セラピストでもヒーラーでもなく、誰かを癒したり、依存させたいわけではないのです。

クリスタルボウルとタッチフォーヘルス。

ツールは違えど、その先にあるのは、「受けた人が何らかの気づき」を得ることで、こころとからだに変化があらわれる、ということ。あ、クリスタルボウルはリラクゼーションが主なので、ピキーンと何かに気づかずとも、ほわ~~~っとリラックスして、寝てしまっても全くかまいませんので、お疲れ気味の現代人にはオススメなのです♪

もちろん、このような「道」は、タッチフォーヘルスだけでなく、ヨガや自力整体、瞑想、その他のワークでも得られることかもしれません。

それをわかった上で、これ面白いんじゃないの♪の決め手は、「使い方は完全に自由」というところです。もちろん技術ありきですが。これは、コンパスという共通ルールさえ守っていれば、後は自由に踊ってOKなフラメンコ好きなわたしには、ポイントが高いところです。

というわけで、広島タッチフォーヘルスの先駆け的存在の岡田英樹さんに、レベル①(前半)を教わってきました。

自分のからだの反応に笑える、何をやっているんだろう!!!不思議!!!の連続でしたが、今年はお酒もやめたし、健康マニアと言われてもおかしくないかも?なわたしなので、楽しく学べそうです。

冬休み、リアルにわたしと会う人は、「ちょっと身体さわらせてー」と言ってきたら、このTFH(タッチフォーヘルス)の影響なので、気にせず、おおらかに、相手してくださいw


※今後のイベント情報
2017年1月20日(金)
【クリスタルボウル演奏会】やさしい音色に満たされる午後の休息
◆2017年1月29日(日)
こころとからだをゆるやかに解放する
【陰ヨガ×クリスタルボウル】
◆Facebook:mieko.mitou
◆FBページ:クリスタルボウル@広島ヒーリング&アート
◆クリスタルボウルってどんな音?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA