「好き」に遠慮せず。

子どもの頃、こういう風に育てられたかったなーということを、自分の子育てで実行している(つもり)。

例えば、「○○○やってみたい!」と子どもが言い出した時、「いやいやいや、あなた○○○だし、○○○なんだから、無理でしょ!」みたいにならないように。

例えば、わたしは幼少期からバレエを習っていたのだけど、それはわたしの中では、「習わされていた」という感覚でしかないこと。だから、いくらわたしが好きだからという理由で、子どもにそれを強要はしない、とか。いろいろ、いろいろです。

そんなある日、この分野はさすがに?!?!?!という事に興味を持ちだした息子。

子育ての理想とは裏腹に、「いやいやいやいや…」と言ってしまったわたしですが、結局、息子の気持ちを尊重してみることにしました。それで息子の気が済むなら、それで!

特に子どもは(もちろん大人も)、好きなこと、やりたいことを遠慮せず、やったら良いと思っています。おかあさん、頑張る(いろいろ)!

何がしたいかわからない大人は、かさこマガジンを読んでみてね。⇒「好きを仕事」にする7つの武器【かさこマガジン7】は広島「喫茶さえき」で手にいれよ。


クリスタルボウル奏者 ミトウミエコの演奏イベントはこちらから↓

※1/29(日)こころとからだをゆるやかに解放する【陰ヨガ×クリスタルボウル】

※3/25(土)こころとからだの自力を育む【自力整体+クリスタルボウル】

※5/21(日)かさこ塾フェスタ広島・喫茶さえき

◆Facebook:mieko.mitou(お友達申請歓迎・メッセージ不要)
◆FBページ:クリスタルボウル@広島ヒーリング&アート

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA