息子と石垣・八重山の旅(2018.1/3~1/6)

You share this

沖縄・石垣・八重山諸島が大好きなわたし。今年も年明けから行ってきました。

一応、出産してから3年間はガマンしましたが(マタ旅はしていた)、
3歳からはほぼ毎年、沖縄~石垣~八重山諸島を繰り返し訪れています。

一人身軽旅は、歩きまくって、運転しまくって、ホテルには帰って寝るだけーのような
アクティブな旅でしたが、子連れ旅をするようになって、すっかり旅のスタイルが変わりまして、この数年はもっぱら大型リゾートでのんびりプラン。

ANAインターコンチネンタル石垣島

※一日目…広島⇒羽田⇒石垣島へ。昼過ぎに石垣島に到着し、バスでホテルに移動。
朝が早かったので、ホテルの部屋でのんびり過ごすことに。夕食も ルームサービスで済ます。

プールやコインランドリーなど移動が楽な1階のガーデンビューの部屋

昼からオリオンビールで至福のひととき。窓の外にはガジュマルの木。

※二日目…カラッと晴れたので竹富島へ。今回の旅の一番の目的は竹富島で親子サイクリングすること。自転車も上手になったので、思いっきり、自転車で風を感じて走りたい!というね。竹富島は珊瑚の島なので、砂がタイヤについて走りにくいところもありましたが、西桟橋⇒コンドイ浜⇒カイジ浜という定番のサイクリングコースを巡ればテンションMAX。集落のはずれの、「クチュ&パラダイス カフェ」で、息子はマンゴージュース、わたしは泡盛のピナコラータで休憩。非日常を満喫。夜はホテルに戻って、ルームサービスでさっと夕食を済ませてから、プールで泳ぐ泳ぐ。21時のプール営業時間ぎりぎりまで遊んでいました。

老朽化のために、登れなくなった竹富島「なごみの塔」。近くに臨時の展望台ができていたけど、実はこっちのほうが、本家「なごみの塔」よりも高かったという…。

ハイビスカスとブーゲンビリアは一年中咲いてます。

レンタサイクル屋さんが撮ってくれた記念の一枚。大好きな竹富島で親子サイクリングが叶った日。

竹富島の集落のはずれにある「クチュ&パラダイスカフェ」。フローズン ドリンクが豊富。ピザなどの軽食も。マンゴーのフローズン ジュースと泡盛のピナコラータ。

※三日目…朝から小雨が降っていたため、のんびりとホテルで朝食をとった後、敷地内を散歩。雨も午後から止みそう…という判断で、息子の希望でまたもや竹富島へ。二日連続レンタサイクル。二日連続で「そば処竹の子」の八重山そばを食べるという。コンドイビーチの猫やカラスを見たり。ちょっと海に入ってみたり。カイジ浜では星の砂を探しました。その間、観光バスがやってきてはわらわらとビーチに降り立って、15分くらいであわただしく帰っていく、というのが数回。わたしと息子は気の向くままに過ごしました。
夜はホテルのレストランへ。息子「気分は王様」と楽しいひととき。夕食の後は、やっぱりプール。泳ぎまくって、こころもからだもやわらかくリフレッシュして、日ごろの肩こりなんてすっかりなくなっていました。

竹富港から海を見渡す。1月でこの透明度はすごい。この後、グラスボードに乗って珊瑚の海と熱帯魚を見て回りました。カクレクマノミとルリスズメダイがキレイでした。

そば処 竹の子の八重山そば。650円。マンゴージュースも美味しいです。

この先がコンドイビーチ。1月は観光客が少ないので、ゆったり過ごせます。でも天気が良い日はそれなりに。。。

コンドイビーチには猫とカラスがたくさんいます。人間に慣れてはいるけど、仲良くはしないので、そっと後ろから近づいてみる。わたしが写真撮っている間、息子は息子で何かに夢中の様子。

カメラを向けると目をそらす猫。

目線がほしくて、ずっとカメラを構えてしまう…。

くたびれているのか、考え事をしているのか…。

カメラを無視してずんずん移動する猫。

カイジ浜で、星の砂を探す。

※四日目…なんと朝からまたもやプール。どんだけ!!!!
朝食後、部屋で荷物の片づけをした後、12時のチェックアウトまで、時間いっぱいプールで遊びました。帰りは、石垣⇒那覇⇒広島。途中の那覇では、沖縄そばを一杯食べました。
今回は「竹富島 サイクリング」を満喫。さて、次はいつかな。楽しみです。

You share this

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA